外国人の生活保護需給、10年間で倍増=国別最多は韓国人、北朝鮮人

外国人の生活保護需給、10年間で倍増=国別最多は韓国人、北朝鮮人―日本
配信日時:2013年5月21日 21時40分

2013年5月20日、日本華字紙・日本新華僑報は、日本で外国人の生活保護受給者が急増していると報じた。

厚生労働省の調査によると、外国人の生活保護受給者は平成23年で4万3479世帯。10年前からほぼ倍増している。国別では韓国・北朝鮮が最多で、国民年金に加入していなかった在日韓国人、北朝鮮人の高齢化が受給者増加の背景にあるという。

また、1980年代以降に日本に来たフィリピン人、中国人、ブラジル人の受給者数増加が目立つ。単純労働は景気に左右されやすく、失業後に生活保護に頼るケースが多い。(翻訳・編集/KT)
レコードチャイナ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中