日本、ユーロ2020参加の可能性が浮上…韓国は?

<サッカー>日本、ユーロ2020参加の可能性が浮上…韓国は?
2013年10月07日15時34分

2020年に開催される欧州サッカー選手権大会(ユーロ2020)に日本が参加する可能性が出てきている。

英日刊紙インディペンデントは7日(日本時間)、「欧州サッカー連盟(UEFA)がユーロ2020を準備する過程でブラジル、アルゼンチン、メキシコ、日本など他の大陸チームを本大会に招待する計画を推進中」と伝えた。

また「UEFAは2022年カタールワールドカップ(W杯)強行推進などで揺れる国際サッカー連盟(FIFA)の独走を防ぐため、ユーロをW杯の代案へと発展させる計画を推進している。プラティニUEFA会長はこの案を深く議論中という」と説明した。

その間16カ国が参加していたユーロ大会の規定は、すでにユーロ2016から24チーム参加に変更された状態。UEFAは出場国を増やし、他の大陸の名門チームを招待する計画を具体化させる方針であり、その過程で日本が挙がった。もちろん報道で取り上げられた国は6月に開催されたコンフェデレーションズカップに出場した国々。

しかし大陸別大会に日本が招待国として登場したのは今回が初めてでない。日本は1999年、南米サッカー連盟から2002W杯開催国の資格でコパアメリカ出場の提案を受け、実際に出場した。その後、2011年に続き、2015年コパアメリカ出場の提案も受けた。

フィゲレド南米サッカー連盟会長は8月、「コパアメリカ招待は南米が日本サッカー協会と長く良い関係を維持しているという証明」と述べた。日本は2011年は東日本大震災、2015年アジアカップ出場、Jリーグ日程などの内部問題で招待の提案を断った。

日本は広範囲なサッカー外交力を基礎に戦力向上に力を注いでいる。日本は12日にセルビア、16日にベラルーシと東欧遠征試合を行った後、来月はベルギーでオランダ、ベルギーと対戦する。欧州を回りながら代表チーム戦力の主軸である欧州組を集め、来年6月のブラジルW杯の準備をする計画だ。

一方、韓国はまだFIFAが定めた来月のAマッチデー(15日、19日)親善試合相手も決まっていない。韓国が大陸別大会に招待されたのは、2002年1月の北中米ゴールドカップが最後だ。
中央日報

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中