75歳男性刺され死亡…「十年来の恨み」近所の韓国籍61歳男逮捕

「東映太秦映画村」そばで75歳男性刺され死亡…「十年来の恨み」近所の韓国籍61歳男逮捕
2014.3.9 13:45 [westセレクト]
 9日午前10時半ごろ、京都市右京区太秦一ノ井町で「近所の方が刺された」と110番があった。駆けつけた京都府警右京署員が、近くに住むクリーニング店経営の山本芳弘さん(75)が、刃物で首や腹など数カ所を刺されているのを発見。山本さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡した。

 同署は、殺人未遂の疑いで、近くに住む韓国籍の無職、金洙吉容疑者(61)を緊急逮捕し、容疑を殺人に切り替えて捜査している。捜査関係者によると金容疑者は「確かに刺した。十年来の恨みがあった。殺すつもりはなかった」などと供述している。

 同署によると、山本さんはクリーニング店前の路上で近所の男性(70)と立ち話をしていたところ、自宅から出てきた金容疑者にいきなり包丁で刺されたとみられる。近所の男性が自宅に戻り通報した。

 金容疑者は犯行後、自宅へ戻っていたところを、駆けつけた右京署員に逮捕された。金容疑者は1人暮らしだったとみられる。

 現場は東映太秦映画村の東側で、JR花園駅の西約700メートルの住宅街。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中