宮根誠司氏、韓国について「一番のパートナーにならなきゃいけないのは日本なんです」と発言

宮根誠司氏、韓国について「一番のパートナーにならなきゃいけないのは日本なんです」と発言
25日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)が舛添知事・朴大統領会談を伝える中で、司会の宮根誠司氏が「韓国の一番のパートナーにならなきゃいけないのは日本」と発言した。

番組では舛添・朴大統領会談後に、舛添氏が「日韓関係を前向きに進めたいという朴槿恵大統領の気持ちがひしひしと伝わる会談だった」と発言したことを大きく紹介。宮根氏が「舛添さんと朴槿恵大統領が話して、何か扉が開くってことがあるんですかね」と岩田公雄解説委員にコメントを求めた。

岩田解説委員は「歴史認識はまだ厳しい姿勢で、一つ一つ扉を開けて行きたい気持ちはあるんだと思いますけど、どこでそれが実現できるかっていう…。地道な対話の姿勢を日本側からも発しなきゃいけないんだと思いますけど」と答えた。

それを受けて宮根氏は「朴槿恵さんも完全にシャットアウトしてるわけじゃないんだよっていうのは、日本側にわかってほしい感じはしますけどね」とコメントし、下川美奈記者は、朴大統領が「対日感情、国内世論を考えている側面もある」と指摘した。

さらに宮根氏は「セウォル号の事件をはじめ、地下鉄の事故が起こったりとか、韓国経済も冷え込んでいる中で、一番のパートナーにならなきゃいけないのは日本なんですよね」と、日本と韓国のパートナーシップについて力説し、今後の日韓関係の協力の大事さを強調した。

宮根氏は前日の放送でも「平昌と東京で五輪が続くわけだから、もっと協力できることはいっぱいある」と、日韓協力の必要性を説いていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中