慰安婦問題を巡って“朝日新聞が右派の攻勢に”・・と韓国報道、「慰安婦問題が、あなた方の行いによるものでは無いと?」「在日同胞は…」

慰安婦問題を巡って“朝日新聞が右派の攻勢に”・・と韓国報道、「慰安婦問題が、あなた方の行いによるものでは無いと?」「在日同胞は…」

2014年08月30日

韓国メディア各社は29日、朝日新聞が28日に従軍慰安婦を巡る一連の報道への批判に「問題の本質に変わりはない」と反論する記事を掲載したことを、大きく取り上げた。

各社は、読売新聞が28日に朝日新聞の慰安婦報道を検証する記事を掲載したことや、朝日新聞が反論記事を掲載したこと、他の新聞や週刊誌も朝日批判を掲載し、政治家からも「誤報を反省していない」といった発言があったことなどを一斉に伝えている。この中では、朝日新聞は「慰安婦問題を早くから積極的に報道」「バランスが取れた深みのある報道が特徴で、影響力という面で(他紙を)圧倒」などと紹介され、それに対する批判は「競合他社を中傷する意図」「河野談話を廃棄しようとする右派の攻勢」などと表現されている。

こうした韓国メディアの報道を受け、多くの韓国人ネットユーザーが意見を寄せている。主なコメントを紹介しよう。

「日本のマスコミや政治家はこんな幼稚な戦略・戦術を使う者であるということ、我々は必ず知っておかねば」

「在日同胞のみなさん、朝日新聞を購読しましょう」

「日本は技術でカネ儲けだけがうまい、成熟していない幼稚な未成年みたいなもの!!!!」

「亡国へとひた走る彼らの妄言や周辺国に与えた被害を考えると、彼らは天罰を受けてしかるべき」

「これでも日本に良識ある知識人がいるとか何とか言うつもりか。日本は、大地震よりも基本的な良心が無いことを、より恐れるべき。産経だけでなく読売までもがあんな調子なら、日本が滅びるのもそう遠くないだろう」

「慰安婦問題が、あなた方の行いによるものでは無いと?西洋の科学技術をすこし早く受け入れ国力が上回っているからと、あなた方はナチスより残忍かつ悪辣に周辺国を蹂躙した。認めるべきは認め、その罪を素直に受け入れてこそ、サムライの子孫と言えないか?」

「日本に良心的な層はごく少数だ。1億3000万の右翼猿の中、ヤクザからは殺すぞと脅され、まともな意見を述べるのに大きなリスクを負っている。政界や財界、学界で正論を口にするのは事実上不可能」

「大東亜共栄圏ですか?実に良いアイデアだ。しかしあなた方は自分が主人であるとして大東亜共栄圏を主張した。今からでも遅くない。真の大東亜共栄圏を実現するには、まず平等な条件で私心を捨ててスポーツ、文化、経済、政治、軍事などで推し進めるべき。そうであっても、自分の犯した蛮行を真摯に謝罪することが先だ」

「日本が錯覚している点は、朝日新聞の記事のせいで現在の強制慰安婦の問題が発生したと言いたいようだが。朝日はそれでもまともだ。『本質に変わりはない』。朝日が記事を書かなくても、強制慰安婦の問題は国際社会でとりあげられたはず。なぜ?大韓民国があるから」

「イ・スンヨプは愛国者だな。読売から巨額の年俸をむしり取ったから」

「おお!初期の朝日新聞は、おまえらと同じようなものだった。しかし今になって裏切るのか?とにかく、右翼同士が内戦を始めたようだな」

「もしこのような事が我が国で起こったら、どうなっていたでしょう?絶対にあり得ないけど、朝鮮日報がこのような論調で記事を配信したと仮定して分析して見て。多くの人が、気がかりになるのでは?」

(編集 兼田)

【韓国の本性】終戦時の女性への暴虐行為 46年には1割近くが被害、自殺者も…

【韓国の本性】終戦時の女性への暴虐行為 46年には1割近くが被害、自殺者も…
2014.08.27

 終戦(1945年)後、福岡・博多港には、満州(現・中国東北部)や朝鮮半島からの日本人引き揚げ者が数多く降り立った。女性たちの多くは、目もそむけたくなるほどボロボロの姿をしていた。引き揚げ者の診療に当たっていた西岡利之氏は『ある戦後史の序章』(西日本図書館コンサルタント協会)の中でこう述べている。

 「若い婦人達の多くは断髪し、女性の命ともいうべき顔面などを煤(すす)などで故意に汚し、胸部は厚く布を巻いて乳房を圧し、ズボン姿の男装がおおく、その脱出の苦労が察せられた」

 一体、彼女たちに何があったのだろう。

 終戦後2週間もたたないうちに、朝鮮半島38度線以北はソ連軍が制圧し、ソ連兵と朝鮮人保安隊による日本人迫害と虐殺が開始されたのだ。『ある戦後史の序章』には、避難民救済活動を行っていた石田一郎氏の以下のような手記が掲載されている。

 「北朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、年頃の娘二人を連れ、辛苦の末やっと38度線近くの鉄原にたどりついた。そこで見たものは、日本人の娘たちがつぎつぎにまずソ連兵に犯され、ついで朝鮮人の保安隊に引き渡されてさらに散々辱められたうえ、虐殺されている光景であった。最愛の二人の娘達もまもなく同じ運命をたどるであろうことを不憫(ふびん)に思い、松の木に縊(くび)って自決させた」

 46年に入ると、1割近い女性がソ連人や朝鮮人に暴行を受けて妊娠したり、性病に冒されて帰国し、先行きを悲観して引き揚げ船から身を投げることも多かった。

 そのような女性たちを救うべく、民間組織である在外同胞援護会救療部が、厚生省引揚援護局の協力を得て「二日市保養所」という施設を福岡県二日市町(現・筑紫野市)に作った。当時、堕胎は罪であったが、厚生省はこの施設に限って超法規的処置として「強姦によって身ごもった女性」の堕胎手術を黙認した。

 二日市保養所の医務主任、橋爪将氏は46年6月10日付の現状報告書に次のように記している。

 「不法妊娠ヲ地区別ニ分類スルニ北鮮二十四ニシテ最多、南鮮十四、満州四、北支三ノ順ニシテ鮮人ニ因ルモノ二十八、ソ連人ニ因ルモノ八、支那人ニ因ルモノ六、米人ニ因ルモノ三、台湾人、比島人ニ因ルモノ各一ナリ」

 日本女性に暴行を加えた者の、圧倒的多数は南北朝鮮人だった。朴槿恵(パク・クネ)大統領はこのような歴史の事実こそ直視すべきだろう。

 保安隊による暴行虐殺も「北朝鮮側の話」では済まされない。大韓民国憲法第3条(領土)は「韓国の領土は韓半島(朝鮮半島)および附属の島嶼(とうしょ)」と明記してあり、北朝鮮も韓国の領土のはずだ。

 ■松木國俊(まつき・くにとし) 1950年、熊本県生まれ。73年、慶応大学を卒業し、豊田通商に入社。直後から韓国担当を務め、80~84年、ソウル事務所に駐在する。秘書室次長、機械部次長を経て、2000年に退社。松木商事を設立する。韓国問題を長く研究しており、「慰安婦の真実国民運動」幹事長。著書に『ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った』『こうして捏造された韓国「千年の恨み」』(ワック)など。

韓国で外国人に対する性犯罪が急増、韓国ネットは「事実なら死刑にしろ!」「大韓民国の教育を正すべき」

韓国で外国人に対する性犯罪が急増、韓国ネットは「事実なら死刑にしろ!」「大韓民国の教育を正すべき」
XINHUA.JP 8月26日(火)21時35分配信

韓国・朝鮮日報は25日、韓国で外国人に対する性犯罪が急増していると報じた。

ソウル地方警察庁によると、外国人に対する性犯罪の発生件数は2009年の76件から2013年には213件と、3倍近くに急増したという。この期間の、性犯罪全体の発生件数も4250件から7350件に増えているが、伸び率は1.7倍だった。警察関係者は、スマートフォンのアプリなどによって外国人と会いやすくなったことが性犯罪を増加させていると分析している。

記事は、外国人に対する犯罪の例として、今年7月に休暇中の陸軍兵士がソウル市内の個室居酒屋で酔いつぶれたスペイン人女性観光客に暴行した事件や、4月に韓国人6人が米国人の女性英語教師を泥酔させ、集団で暴行した事件を紹介している。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。主な意見を紹介しよう。

「外国人への強姦は国の恥さらしで一層タチが悪いとするトーンの記事は、相当未開です。強姦は誰に対しても『無条件』に悪行であって、これを犯した者は全員厳しく、厳しく処分しなければ」

「こんな奴はアソコを切り取って、20年ほど監房送りで。食わすメシ代が勿体ないけど」

「自分さえ良ければ何しても構わないという考え方に問題あり。他人を自分のように考えて気遣う教育が幼少時から徹底されておらず、韓国ではこのようなことが日常茶飯事だ」

「大韓民国の教育を正すべきです。家庭教育も大事です」

「検挙して被害補償の義務を徹底的に負わせろ。国の恥だ」

「相手が内国人でも外国人であっても、意図的な強姦、暴行、性犯罪は一罰百戒だ。最低でも欧米や中東の先進国のように20年以上の長期求刑や無期懲役、死刑に処さねば」

「外国の男とへべれけになるまで飲んだ女にも問題がある」

「外国人による犯罪への対応が先です」

「防犯カメラがいかに犯罪を抑えているか、よくわかる… 防犯カメラの威力を恐れ、多くの犯罪予備軍が(犯罪しようとする)考えを捨てていることだろう」

「事実なら死刑にしろ… アメリカならすれ違いざまに接触しただけで捕まってしまう」

「もう解いてしまえ。法的に自由にできるよう… 性犯罪率を抑えたいなら、カネで堂々と処理できるようにして、人権の保護については警察が別途頑張れば良いのでは?」

(編集 兼田)

巨額投じた外国人向け韓流通販サイトが幽霊サイト化

巨額投じた外国人向け韓流通販サイトが幽霊サイト化

衣類・靴のサイズ表記は韓国式、商品説明も不十分
1億円投じて構築も、1カ月半の販売はわずか200件

 「会員登録したいが、騰訊網(QQ)のメールでは駄目だった。QQは中国最大のポータルサイトなのに、このアカウントが駄目ならどうやって買えというのか」(台湾/楊子逸さん、24歳)

 「韓流ドラマの商品とあるが、何のドラマで誰が着た商品なのか説明がない。このサイトで買いたいと思えない」(ギリシャ/ジェニー・ブレタさん、28歳)

 「日本の通販サイトに比べて商品を探すのがとても難しい。55というサイズが何なのか分からない」(日本/小橋亜子さん、30歳)

 これらは韓国貿易協会が運営する通販サイト「Kmall24」を訪問した外国人たちの意見だ。Kmall24は、海外の消費者が韓国中小企業の優れた製品を手軽に購入できるサイトという触れ込みで、今年6月24日にオープンした。英語、日本語、中国語版がある。

 産業通商資源部(省に相当)が2月の業務報告で開設計画を発表し、3月の規制改革大討論会での朴槿恵(パク・クンヘ)大統領のいわゆる「チョン・ソンイ・コート」発言が事業に弾みをつけた。ドラマ『星から来たあなた』のヒロイン、チョン・ソンイ(チョン・ジヒョン)が着て人気を集めたコートなど、韓流商品を外国人に直接販売するという趣旨でオープンしたものの、今月10日まで1カ月半の訪問者数は延べ26万人、販売件数は約200件にとどまり「幽霊サイト」と化す懸念が強まっている。

■サイズ表記や商品説明が不十分

 Kmall24の利用者らは「ファッション、日用品といったカテゴリーからして分かりにくい」と不満顔だ。インターネット通販業界の関係者は「サイトのカテゴリーが広範囲過ぎて見る人を疲れさせる」と指摘する。

 また、基本的なサイズ表記さえきちんとできていない。大カテゴリーのファッションからレディースを選ぶと、1ページ目に表示される商品16点のうち、12点は単一サイズを意味する「フリー」または「ワンサイズ」となっていた。外国で使われるS(スモール)、M(ミディアム)などに分かれていたのは2点だけで、55、66といった韓国でしか使われないサイズを表示した商品も2点あった。ファッション業界の関係者は「韓国の消費者ならフリーサイズと言ってもだいたいどんな感じか分かるが、外国人は分からない。日本では、フリーサイズの場合はモデルの身長を表示するなど消費者に配慮しているが、Kmall24はそうした気遣いがない」と話している。

 靴も国ごとにサイズ表記が異なるが、Kmall24ではほとんどが韓国で使うミリメートルの表記しかない。米国のアマゾン、中国のTモール、日本の楽天など海外のサイトにある足幅のサイズなどもない。国ごとに異なる衣類・靴サイズの比較表も用意されていない。

 あるファッションデザイナーは「サイズが分かりにくいだけでなく、服の素材や洗濯方法などを確認できないことも問題」と指摘する。使用方法や機能を詳細に説明すべき電子製品も、たった2行しか説明のないものもある。業界関係者は「全体的に個人が運営する通販サイトよりも出来が悪い」と批判している。

■多額投じて構築も、販売はわずか200件

 韓流商品の販売を掲げていながら、韓流を十分に活用できていないことも問題だ。日用品のカテゴリーにある「花」「星」のハングルをデザインした栓抜きは、今年7月に中国の習近平国家主席が来韓した際、趙允旋(チョ・ユンソン)政務首席秘書官が彭麗媛夫人に贈ったものだ。趙秘書官はその際、中国でも人気を呼んだ『星から来たあなた』に触れ、「星」は習主席に「花」は夫人に使ってほしいと話して場を盛り上げたが、商品説明のどこにもこうしたことは書かれていない。また『星から来たあなた』を検索してもDVDが出てくるだけで「チョン・ソンイ・コート」はなかった。同ドラマのDVDの説明は英語版、日本語版、中国語版いずれも韓国語で書かれており、外国人には何の役にも立たない。

 貿易協会はKmall24の構築にすでに10億ウォン(約1億円)ほどを投じており、年間維持費だけで数億ウォン(数千万円)をかけている。政府は今月12日に行われた第6回貿易投資振興会議で、Kmall24の宣伝に一層力を入れ、韓国企業の輸出を後押しすると公言したが、こんなお粗末なサイトでは到底望めないとの指摘が多い。ソウル大のノ・サンギュ教授(経営学)は「官が通販サイトを運営するよりも、配送などを支援する方が韓流商品の輸出には効果的だ」と話している。

チョ・ジェヒ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

舛添都知事、韓国優遇策の背景に私的な感情とルーツ?都内に韓国学校増設、在日韓国人融資

舛添都知事、韓国優遇策の背景に私的な感情とルーツ?都内に韓国学校増設、在日韓国人融資
ビジネスジャーナル 2014年8月24日 13時00分 (2014年8月24日 21時20分 更新)

 東京都の舛添要一知事が7月に行った韓国訪問の際、朴槿恵(パク・クネ)大統領と交わした約束に対し、再び批判の声が高まっている。

 8月20日付産経新聞記事『「韓国だけ便宜は困難」 韓国学校増設、都知事は快諾したけれど…担当者「用地がない」』によると、朴大統領から首都圏での韓国学校増設への協力を求められ、舛添知事は快諾したが、都担当者は「いきなり『韓国のためだけに』便宜を図るのは難しい」と頭を悩ませているという。

 都内で2校目となる韓国学校設置を望む朴大統領から、用地取得の協力を求められた舛添知事は「全力で協力したい」と応じたが、用地取得は容易ではない。交通の便が良い都心に校地に適した公有地はほとんどなく、あったとしても少子高齢化対策を最優先課題に掲げる都は、保育所や介護施設など福祉施設の建設を優先するためだ。

 産経新聞の取材に対し、都担当者は「そもそも都有地だけでなくても、条件に適した土地なんてなかなか見つからない。区部(23区内)は無理なのでは」と話している。

 舛添知事は、訪韓時にソウル大学でスピーチを行い、在日韓国人らに対する「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)に厳しく対応していく考えを強調する中で、「私が付き合っている限り、9割以上の日本人は韓国が好き」などと語ったことが、現実とかけ離れすぎたリップサービスだとして批判されている。

 例えば、読売新聞社と韓国日報社が今年5月に行った共同世論調査では、日本側の73%が「韓国を信頼できない」と答えるなど、2012年8月に李明博大統領(当時)が竹島に上陸した時以降、日本人の韓国への感情は良いとはいえない。

 隣国との友好関係を図ろうとする舛添知事の行為はもちろん悪いことではないだろうが、こうした現状を無視した発言に批判が集まっているといえよう。

●韓国優遇は私的感情?
 都知事に就任以前の10年には、在日韓国商工会議所で開催されたセミナーにおいて、「景気回復のためにも、金融機関は低金利で在日韓国人らにも融資すべき」と発言するなど、韓国優遇策を事あるごとに強調してきた。

 舛添知事は、著書『私の原点、そして誓い』(佼成出版社)の中で、「舛添家発祥の地は福岡県ですが、わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深く(略)私の父は自分の選挙ビラにハングル(朝鮮文字)でルビを振った最初の日本人だったようです。そんな縁で、私自身もハングルの勉強に励んでいますし、韓国への造詣を深めることに喜びを感じています。…

私は韓国には何度も何度も足を運んでいます」と述べており、韓国へは格別な思いがあるようだ。

 個人的なルーツや思いはどうであれ、公人としては私的感情によって、ある一国だけに便宜を図るような政治を行う姿勢には疑問がある。東京都にとって、または国にとって意義のある政策であるならば、議会において議論を深め、十分に都民に説明をすべきことが舛添知事には求められる。
(文=編集部)

日韓関係、率直に話せば打開できる~村山氏

日韓関係、率直に話せば打開できる~村山氏

 
 21日から韓国を訪問する村山元首相は記者団に対し、悪化している日韓関係について「隣の国同士だから率直に話をすれば打開できる」と述べ、両国がよく話し合う必要があるとの考えを示した。

 村山氏はまた、いわゆる従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた「河野談話」について、「日韓両国がお互いの了解の上で出したものだ」と指摘。日韓関係改善に向け、両国がよく話し合うべきだとの考えを示した。

 村山氏は21日から23日までの日程で韓国を訪問し、講演などを行う予定。

【朝日の大罪】俳優・津川雅彦が緊急寄稿 慰安婦“大誤報”「どうか見苦しく逃げ回ってほしい」

【朝日の大罪】俳優・津川雅彦が緊急寄稿 慰安婦“大誤報”「どうか見苦しく逃げ回ってほしい」
2014.08.19

IMG_4118.JPG
津川氏は緊急寄稿で「朝日は大嫌い」と明言した


 朝日新聞が、慰安婦問題の大誤報を32年もたって認めながら、検証記事では謝罪もせず、木村伊量(ただかず)社長が記者会見も開かないことに、政界や財界、学界などから批判や疑問がわき起こっている。広告出稿をとりやめる企業も出てきた。こうしたなか、俳優で映画監督の津川雅彦氏が、夕刊フジに緊急寄稿した。

 朝日新聞は、慰安婦報道の大誤報を訂正したことで、ゴーストライター騒動の佐村河内守氏や、号泣会見の野々村竜太郎元兵庫県議、理研の小保方晴子研究ユニットリーダーを抜き、一躍、「時代の寵児」の地位を獲得した。

 良くやったぞ、朝日の諸君! しかも謝罪しないのは、左翼らしくてよろしい!

 訂正には謝罪がつきものだと、ガキでも知っている。僕は子供のころから、すぐに謝るタイプだった。「謝って済むなら警察はいらない」と言い返され、「すみません」に「もうしません」を付け加えたほどだ。

 しかし、左翼に「潔さ」は、似つかわしくない。朝日の社長は記者会見もしない。どうか見苦しく逃げ回ってほしい。じゃないと、せっかく落ちた販売部数が元に戻っちゃ、元も子もない

 左翼嫌いの僕にとっては、その「卑怯(ひきょう)」「卑劣」なイメージをキープして、訂正記事を出したことを無駄にしてほしい。

 朝日としては販売部数が落ちて、慌てて慰安婦問題の検証記事を出したのだろう。だが、その訂正は一部に過ぎない。反省の余地が、ごまんとあることは誰でも知っている。朝日を親分として、似たような記事を書いてきた新聞数紙がダンマリを決め込んでいるのも、彼ららしい。このまま一生黙っていることを勧める。

 朝日はイメージダウンの解消に必死なのか、「広島原爆の日」の6日、国民的人気女優を1面トップで扱っていた。「核兵器にノー」を大見出しで、小見出しで「さよなら原発」。記事の終盤で、彼女は「集団自衛権」や「政治」への批判・懸念まで語っていた。朝日が、口にたまった痰(たん)を外に吐き散らかし、その清掃もせず、国民的女優をティッシュがわりにして、自分の口を拭ったとしか思えなかった。

 聞いた話だが、某左翼政党の内部には、彼女の写真がデカデカと貼ってあるらしい。かわいそうに…。有名な左翼の映画監督に洗脳されないかも、心配だ。左翼よ、国民的アイドルまで食い物にするな!

 役者である僕が今回、夕刊フジに原稿を書いたのは、目立ちたい病の一種といわれても仕方ないが、無論、わが国を愛するからだ。本音は、日本映画をダメにした左翼たちの自虐史観が憎いのだ。その先頭で旗を振ってきた朝日も大嫌いだ。

 左翼が嫌いだからと、僕を右翼呼ばわりするのは偏向思考だ。街宣車でがなり立てる、あの右翼と一緒にしないでほしい。わが愛車に日の丸は付けるが、愛国心の発露だ。

 この原稿は役者としての率直素朴な感想に過ぎない。朝日の訂正事件は「左翼の終わりの始まりになる」と僕は信じている。

 ■津川雅彦(つがわ・まさひこ) 1940年、京都市生まれ。74歳。56年、映画『狂った果実』でデビューし、『マルサの女』『別れぬ理由』『プライド・運命の瞬間』など数多くの作品に出演し、存在感あるキャラクターを演じる。映画『寝ずの番』『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』などでは、監督・マキノ雅彦としてメガホンを握る。読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』にレギュラー出演中。