クレーマーが法廷で言い放った信じがたき〝常識〟 ついに裁判官もキレた!?

クレーマーが法廷で言い放った信じがたき〝常識〟 ついに裁判官もキレた!?

 誠意とはカネや土下座のことなのか-。大阪府茨木市のコンビニエンスストアで9月、男女3人が店長らに因縁をつけて商品のたばこを脅し取り、さらに別の男がコンビニを管轄する営業所長に示談金名目で金銭を要求し、逮捕される事件があった。大阪地裁で開かれた一連の事件の公判では、「客に謝罪するのに土下座と手土産は当たり前」「営業所長から200万~300万円は受け取れると思った」という4人の信じがたい〝常識〟が次々と判明。過去にもコンビニや飲食店に因縁をつけ、金品を得るなどした「成功体験」があったことも明らかになった。「モンスタークレーマー」はなぜ生まれたのか。4人の法廷での供述を振り返る。

きっかけを作った女

 一連の事件は1人の女の行動がきっかけで起きた。

 9月8日午前1時ごろ、大阪府内の飲食店従業員の女(39:小黒日奈子)=恐喝罪で有罪確定=はバイクで爆走するグループの集団走行に10代の娘と一緒に参加し、グループのメンバーとともに大阪府茨木市のファミリーマートに立ち寄った。そこでメンバーの男が、持ち込んだ容器に無料で水を入れるよう要求し、店長と口論になった。

 やがてメンバーらが商品をレジに持っていって購入しようとしたところ、また店長とトラブルになり、女は缶コーヒーをカウンター越しに店長に投げつけた。トラブルの発端について「お前らに商品を売る必要はない。頭悪いんか」という店長の発言に激怒したという女。退店後、グループの別のメンバーに無料通話アプリ「LINE」で事の顛末(てんまつ)を報告し、仲間内でトラブルが共有された。LINEを見たメンバーが早朝から相次いで店を訪れ、一緒になって店長らに土下座を強要した。

 公判に出廷した女は被告人質問で「事件の原因はすべて私にある」と謝罪。「私が店長に腹を立てなければ他のメンバーは店に来なかったし、事件も起きなかった」と頭を下げた。

 女の娘(16:小黒梨奈:大阪府立かわち野高校)は後に店長らの土下座動画をインターネットで公開し、恐喝に加担したとして中等少年院に送致された。女は「両親には孫のことまで心配させ、ネットで素性が暴かれたことで肩身の狭い思いもさせた。恥ずかしいことをしたと思う」とうなだれた。

女に片思いしていた男

 女が缶コーヒーを投げつけてから約2時間後、LINEでトラブルを知った無職男(39:中村剛)=同=が1人でコンビニを訪れた。男も同じグループのメンバー。LINEを通じ、「今からファミマに行く」と女に一方的にメッセージを送っていた。男はトラブルの当事者でもないのに、女に「好意を抱いていた」(検察側論告)ため、女を助けようとしたのだという。

 男は店長の姿を携帯で撮影。嫌がった店長がぬれた手で携帯を取り上げると、男は激高し、「オーナーを呼べ」とまくし立てた。そのころ、「(男が)何をするか分からない」と思った女と娘も再びコンビニに向かっていた。

 検察側によると、男は過去に飲食店で冷たい焼きそばが出てきた際に文句を言い、代金をタダにしてもらった経験があり、今回も金品が脅し取れると考えていた。オーナーが出勤した午前7時すぎに3人は合流。しかし、「オーナーでは金や物になれへん」と考えた男は、「もっと上のもんを呼べ」と要求。ファミリーマートのエリアマネジャーが店に駆けつける事態になった。

 男は被告人質問で、裁判官に次々と上司を呼びつけた理由を問われ、「(店長に)オネエ言葉でおちょくったような謝り方をされ、怒りが勝っていた」と説明。返答に納得できない裁判官は「オネエ言葉でも謝っているじゃないか。あなたは非常識なことを言っている。相手が土下座してまで謝っているのに、どこまで謝れば気が済んだのか合理的に説明してください」と声を荒らげた。

営業歴16年…グループ幹部の男

 午前10時半ごろには、LINEを見た元不動産会社員の男(46:野仲史晃(のなかふみあき))=同=がコンビニに到着。男はグループの幹部メンバーだが、それまで店にいた男や女とはまともに話をしたこともなかった。幹部の男がなぜ来店したのか、現場の誰もが真意を測りかねていた。

 幹部の男は女らを連れて店のバックヤードに直行。土下座して謝罪する店長らを「どない責任とってくれんねん」と恫喝(どうかつ)した。さらに「あんたでは責任の取り方が分からへんやろ」とエリアマネジャーに上司を呼ぶよう命じ、エリアの営業所長まで来店させた。

 最終的には「手ぶらで行きまんのか、オタク、謝りに行くとき」と商品を差し出すよう要求し、たばこ6カートン(2万6700円相当)を脅し取ったが、自身は何も受け取らなかった。

 公判での供述などによると、幹部の男は会社で16年間にわたって営業を担当。客からクレームが入ると菓子折りを持って訪問し、土下座をして謝った。過去には別のコンビニで妻の肩にぶつかった詫び料としてクオカードを受け取ったこともあった。「謝る際には土下座をし、財物を渡すのが普通だと思っていた」という。

 幹部の男は被告人質問で「LINEで後輩らのトラブルを知り、場を収めるために金品を要求した」と供述。動機については「『頭悪いんか』などという店員の発言に義憤に駆られた」と説明した。

グループ外の弁当店(KIM NII”ZEPPIN弁当)経営者

 男女3人と女の娘はたばこを受け取って間もなく退店した。しかし、怒りがおさまらない女は知人の弁当店経営の男(41:中川博)=12月22日、恐喝未遂罪で有罪判決=にその日のうちにメールでトラブルの動画を送信した。男は事件の逮捕者で唯一、グループとは関わりがなかった。

 弁当店の男はかつてコンビニで賞味期限切れの食品を購入して体調を崩した旨を伝えたところ、現金10万円を受け取ることができた経験を思い出した。女にこの件の示談を一任するよう言い、営業所長の連絡先を聞いた。

 男は早速、7回にわたって営業所長に電話。「たばこと携帯代では話になりませんわ」「誠意っていうのはお金のことですわ」「信用ガタ落ちになりますよ」などと言って示談金名目で現金を脅し取ろうとした。

 男は公判で、「経営者の立場から店側の態度がおかしいと思った。200万~300万円は受け取れると思った」と供述。一方、自身は金に困っていないと強調し、示談金を受け取った場合は「すべて女に渡すつもりだった」と話した。

 男は逮捕された翌日に弁当店の新店舗をオープンする予定だったという。男は裁判官に「無関係の人間が首を突っ込んでおかしいことになるとは思わなかったのか」と問われ、ぽつりとこう漏らした。

 「自分がアホでした。今は新しい店で仕事を頑張ろうと思います」


/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/592/55754882/files/2014/12/img_7202.jpg

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/592/55754882/files/2014/12/img_7200.jpg

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/592/55754882/files/2014/12/img_7201.jpg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中