首脳会談には歴史認識改善必要=対日世論調査-韓国

首脳会談には歴史認識改善必要=対日世論調査-韓国

 【ソウル時事】韓国の民間世論調査機関「韓国ギャラップ」は27日、3月1日の抗日独立運動の記念日を前に、日韓関係に関する世論調査結果を発表した。それによると、「歴史認識の改善なしに韓日首脳会談を行う意味がない」という朴槿恵大統領の立場に賛成する人が70%に上った。

 一方で、「懸案解決のため、現状でも安倍晋三首相との首脳会談を推進すべきだ」との回答も57%。世論の多くがある程度、日韓首脳会談の必要性を認めつつも、歴史問題の進展を伴う必要があると考えていることがうかがえる。

 日本に対し、好感を「持つ」は17%で「持たない」は74%。ただ、日本人に対しては好感を「持つ」が40%、「持たない」が47%だった。
 このほか、韓国の中高校教育で日本の植民地時代に関して一層詳しく扱うべきだという人が86%に上った。 (2015/02/27-14:42)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中