米高官 地域の安定には日中韓の協力が必要

米高官 地域の安定には日中韓の協力が必要
2月28日 9時56分

米高官 地域の安定には日中韓の協力が必要
アメリカ政府の高官はワシントン市内で戦後70年について講演し、地域の安定には日本、中国、韓国の3か国の協力が欠かせないとしたうえで、歴史認識の問題には慎重な対応が必要だとの考えを示し、来月開催する方向で調整が進められている外相会議に期待を示しました。
アメリカのシャーマン国務次官は27日、ワシントン市内で行った講演で、歴史認識が原因で日中韓3か国の協力が妨げられているとしたうえで、「理解できるが、失望することもある」と述べました。
そして、「愛国的な感情が政治的に利用されている。指導者にとって、かつての敵をあしざまに言うことで国民の歓心を買うことは簡単だが、こうした挑発は機能停止を招くだけで進歩はない」と述べ、歴史認識の問題には慎重な対応が必要だとの考えを示しました。
同時に、シャーマン次官は「アメリカと日中韓の3か国が一貫して同じ方向に向かえば、世界はより安全になり、繁栄することは間違いない」と述べ、北朝鮮の核問題への対応などで協力が欠かせないとしたうえで、来月開催する方向で調整が進められている3か国の外相会議に期待を示しました。
アメリカはことし、安倍総理大臣のほか、中国の習近平国家主席、韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領をそれぞれ招いて、オバマ大統領との首脳会談を行うことにしており、こうした場でも3か国の協力の重要性を強調するものとみられます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中