トヨタとIOCの契約が平昌冬季五輪に大打撃、1000億ウォンがパーに・・韓国ネット「韓国はなぜ活かせない?」「今からでも遅くない。日本に…」 FOCUS-ASIA.COM 3月18日(水)11時36分配信

トヨタとIOCの契約が平昌冬季五輪に大打撃、1000億ウォンがパーに・・韓国ネット「韓国はなぜ活かせない?」「今からでも遅くない。日本に…」
FOCUS-ASIA.COM 3月18日(水)11時36分配信

トヨタ自動車が今月13日、国際オリンピック委員会(IOC)と五輪のグローバルスポンサー契約「TOPパートナー契約」を締結したことが、韓国で波紋を広げている。

韓国メディア・KBSは17日、トヨタとIOCの契約によって、平昌冬季五輪組織委員会が進めていた現代自動車との契約交渉が中断になったと報じた。ただでさえスポンサー獲得が難航している平昌にとって、国内有数の大企業の参入に道が閉ざされたことは、大きな打撃となりそうだ。

報道によると、平昌五輪組織委員会はこれまで、現代自動車と1000億ウォン規模のスポンサー契約交渉を行っていたという。だが、五輪スポンサーには「1業種1社」という原則があり、平昌組織委より上位のIOCがトヨタと2015年から10年間の契約を結んだことで、2018年の平昌冬季五輪では現代自動車とのスポンサー契約ができなくなったという。

平昌五輪では、運営費2兆ウォンのうち8500億ウォンをスポンサー企業から集める計画だが、契約がまとまっているのはわずか5件、金額で30%程度にとどまっている。韓国の大手企業では、ロッテやLGなどもグローバルスポンサーとの関係でスポンサーになりにくい状況だという。

KBSは「平昌が財政難に陥った場合、その負担はそのまま国民の税金で賄うしかない」と指摘したうえで、「ただでさえ遅々として進まない大会準備に、財政難まで加わり、対策作りを急がねばならないとの指摘が出ている」と解説した。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「平昌五輪を誘致した人は何を考えていたのだろう」

「夏季五輪より規模は小さいが、競技場を作るために費用が膨大にかかる」

「失望感が日に日に増すばかり」

「勝手に誘致して、足りないお金を国民に埋めろだと?この国に気分のよくなるニュースはないか?」

「ブラジルワールドカップの悪夢が韓国で再現される」

「だから専門家は分散開催を主張している。五輪が終わったら観光客は途絶える。カナダのような素晴らしい冬リゾートがあるのに、幼稚園水準の江原道に世界の人々が来てくれるだろうか?」

「現代車ではなく現代重工業とスポンサー契約しろ」

「今からでもいいから、五輪は諦めろ」

「韓国は何もしなくていい。税金を無駄に使うだけ」

「組織委員会は何を考えている?グローバルスポンサーに自動車メーカーが付くのは当たり前。最初からローカルスポンサーで8500億を進めたのがまずかった」

「分散開催はしない?税金払えって?」

「飲料、食品、自動車・・・全部IOCがすでに確保している。IOCは金の亡者」

「分散開催の案が出た時に、承諾すればよかった」

「現代自動車はトヨタに感謝している」

「日本がわざとやった。これまでに平昌を台無しにしようと頑張ってきた」

「せっかくの機会を韓国はなぜ活かせない?」

「90年代から平昌五輪誘致を進めてきたのに、おそまつ。20年も何をしてきた?国民の同情をかって国家財政を危険にさらすなら、五輪は返上しろ」

「今からでも遅くないから、日本にやってもらおう」

「近いうちに第二の金融危機が来る。F1の赤字も数百億」

(編集 MJ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中