韓国大学総長が「君が代は “キム家の世の中” という意味」と主張 / 大学総長「天皇はもともと韓国人のキム氏」

韓国大学総長が「君が代は “キム家の世の中” という意味」と主張 / 大学総長「天皇はもともと韓国人のキム氏」
2012年9月7日
コメント56
『君が代』といえば、言わずと知れた日本の国歌だ。学校の入学式、卒業式などの行事やワールドカップやプロ野球の開幕戦などで歌われる。

だが、そんな日本の歌である『君が代』を、「君が代の起源は韓国」と韓国の慶一大学校総長、李南教(イ・ナムギョ)氏が主張しているのをご存知だろうか。

イ氏は韓国毎日新聞に連載していたコラムで韓国語が語源とされる日本語を紹介していた。そのなかでイ氏は天皇の祖は韓国人であり、君が代は「”キム家の世の中”という意味」だとした。

紙面では詳しく君が代の起源について説明しているのだが、簡単にまとめるとイ氏の説明は以下のとおりになる。

<イ氏の君が代韓国起源説要約>

日本語では相手を指す言葉で「君(キミ)」と言うが、これは「金(キム)」が変わってなった言葉

韓国から日本に上陸した「朴(パク)」氏が大阪周辺の明日香に「耶馬台国(ヤマトグク)」を建国、また九州では「金(キム)」氏を王とする「狗耶国(クヤグク)」という国が作られた

その後いろいろあってキム氏が統率するクヤグクが日本の覇者となり、天皇の姓が金海金氏となる

日本の国歌『君が代』は「王様(天皇)の世の中」という意味だが、キム氏が日本の覇者であり天皇の姓の元祖なので、本来は「キム家(君)の世の中」ということ

つまりイ氏は「君が代は天皇をたたえる歌」という前提のもと、天皇の祖は韓国から渡来したキム氏だから「君が代=キム家の世の中=天皇であるキム家の歌」なので君が代は韓国起源だとしているのである。

ちなみに、イ・ナムギョ氏は数多くの海外の大学や、日本の私立大学とも交流協定を結んでいる慶一大学校の総長だ。また、彼は兵庫県の芦屋大学大学院を修了し、駐大阪韓国総領事館副領事・駐福岡韓国総領事館副領事もつとめたことがある人物である。

なお、韓国ではワサビ、キリスト、サンタクロースやビッグバンなども韓国起源であると紹介されている。

参照元:韓国毎日新聞(韓国語)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中