日本もMERS対策、韓国からの入国者に発熱あれば相談求める措置を検討=韓国ネット「これぞまともな対応」「韓国は世界の旅行禁止国になるかも」

日本もMERS対策、韓国からの入国者に発熱あれば相談求める措置を検討=韓国ネット「これぞまともな対応」「韓国は世界の旅行禁止国になるかも」

2015年6月2日、韓国・聯合ニュースによると、厚生労働省が、中東呼吸器症候群(MERS)の感染が広がる韓国からの帰国・入国者に対し、発熱などの症状があれば相談するよう空港の検疫所などに求める措置について検討していることが分かった。

現在日本では、中東地域からの帰国・入国者に対し同様の措置が取られており、発熱の症状がみられ、MERS感染が疑われる場合には検査が実施される。日本でMERS感染の疑いがある患者が出た場合、医師には関係機関への申告が義務付けられおり、患者は指定医療機関で治療を受けることになっている。感染を調べる試薬は、全国の地方衛生研究所に配布済みだ。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「これぞまともな対応、政策だ。韓国の保健福祉部は学べ」
「悔しいけど、日本は感染者がまだ0人、韓国とはレベルが違う」
「先進国のふりをする後進国と、真の先進国の差だ」
「隣の国からも国際的に恥をかかされた」

「韓国の国家機関は国の恥をさらしている。『疾病拡散本部』をなくせ」
「日本、北朝鮮、中国を毎日のように迷惑国家だと悪く言っていたのに、韓国が迷惑最強国に昇格した」
「今回のMERSの事態は、100%韓国政府の無能のせいで広がった。どうしようもなく情けない国」

「もう観光客も韓国に来なくなるだろう。国がつぶれるのも時間の問題」
「ホラーよりも恐ろしい現実。こんな状態でも、感染者が出た病院は公開されない。国民の安全よりも病院の営業が大事なんだ」
「世界が韓国を旅行禁止国に指定するだろう」
「国際的な孤立も時間の問題。もう恥ずかしくてやってられない」(翻訳・編集/和氣)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中