休校にラクダ隔離…韓国MERSの影響拡大

休校にラクダ隔離…韓国MERSの影響拡大

 ウイルス性の感染症MERS(=中東呼吸器症候群)の感染者が急増している韓国では隔離対象者が1300人を超え、学校も相次いで休校になるなど影響が拡大している。

 保健福祉省によると、韓国国内でのMERSの感染者は新たに5人増えて30人となり、感染者と接触のあった隔離対象者は1300人を超えた。さらに、初めての感染者が確認された京畿道を中心に230の幼稚園や学校が休校措置を取った。

 また、観光当局によると、中国などからの観光客2500人が訪問をキャンセルしたほか、ソウル近郊の動物園ではウイルスの感染源とされるラクダを「来場者が不安に思っている」との理由で隔離するなど影響が広がっている。

 朴大統領は3日午後に緊急の会議を開き、感染拡大の防止策について話し合うことにしている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中