MERS、隔離対象以外から新たな感染者、当局のずさん対応に批判

MERS、隔離対象以外から新たな感染者、当局のずさん対応に批判―中国メディア
FOCUS-ASIA.COM 6月23日(火)15時8分配信

MERS、隔離対象以外から新たな感染者、当局のずさん対応に批判―中国メディア
中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大が続く韓国で、22日に新たに発表された感染者3人のうち、隔離対象から外れたばかりの人と隔離対象にすらなっていなかった人が含まれていたことが分かり、当局の対応が再び強く非難されている。23日付で中国新聞網が伝えた。

韓国保健福祉部は22日、新たに3人の感染が確認されたと発表した。うち1人は6月初めに建国大学付属病院に入院した際、76番目の感染者と接触した77歳男性、別の2人は5月末にサムスンソウル病院の緊急治療室を訪れた60代女性と大田大清病院の医療スタッフだった。

22日現在の死者は27人、死亡率は15.7%まで上昇。隔離人数は3833人まで減少した。22日に新たに加わった感染者3人のうち、1人は隔離対象から外れたばかりで、別の1人は隔離対象にもなっていなかったことから、保健当局のずさんな対応に世論が強く非難している。

大田市大清病院の医療スタッフがMERS感染者と最後に接触したのは1日だったが、保健当局の計算ミスにより、隔離観察期間が延長されなかった。13日に隔離対象から外れ、公共の場にも足を運んだりしていた。15日になって高熱が出て、感染が確認された。

77歳の男性感染者も先月30日から今月19日まで、建国大学付属病院に入院していた時、76番目の感染者と接触していたが、保健当局はこの男性と76番目の感染者のベッドは離れていたとして、隔離対象にしなかった。

(編集翻訳 小豆沢紀子)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中