韓国政府「日本のビザでも滞在可能」、中国人観光客の奪還へなりふり構わず

韓国政府「日本のビザでも滞在可能」、中国人観光客の奪還へなりふり構わず=韓国ネット「韓国はまだ日本の植民地か」「非常識なことばかり」
配信日時:2015年7月1日(水) 21時48分

韓国法務部は1日、7月6日~9月末まで、中国の団体観光客に対するビザの手数料を免除すると明らかにした。通常、中国人の団体観光客がビザを取得するためには、1人当たり15ドル(約1840円)を支払う必要がある。中国だけでなく、ベトナム、フィリピン、インドネシア、カンボジアなど、団体ビザが発給されている東南アジア諸国についても手数料を免除する。

また、MERS発生時期に前後して発行されたシングルビザ(※一度の入国だけに使えるビザ)の有効期間を従来の3カ月から6カ月に延長することにした。更に、3~6月に発行されたビザは有効期間が経過しても、延長手続きをすることなく空港や港湾から入国できるようにする。法務部は「中国など現地公館を通じて積極的に広報する」とした。また、日本の団体ビザを所持した中国の団体観光客は、韓国のビザがなくても韓国入国、滞在が許可されるという。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。以下はその一部。

「何だこれ?韓国はまだ日本の植民地ってことか?」
「誰のアイデアだ?まだ日本の植民地根性が抜けてない」
「自分たちが、ちゃんと仕事をしていることをアピールするショーだな」

「なぜ行政がやることは、非常識な事ばかりなんだろう?」
「朴元淳(ソウル市長)が『準戦時状態』なんて言うから、中国の観光客が来ないんだろうが」
「観光業会の不振は8月ごろまで続きそうだな」

「いくら観光客の誘致が急務でも、日本のビザで入国を許可するなんて、自分で自分の国の国格を下げる行為じゃないか」
「観光スポットもなく、街並みは汚れ、人は不親切で、ぼったくりもあって、韓国旅行に来たことのある人たちにはそっぽ向かれてるのに、MERSまで発生した。同じくらいの費用で行ける日本という国が横にあるのに、韓国に来る理由があるのか?」(翻訳・編集/三田)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中