「韓国の無職青年よ、日本で仕事を探せ」の記事に、韓国ネットは賛否両論

「韓国の無職青年よ、日本で仕事を探せ」の記事に、韓国ネットは賛否両論=「日本に一度は住んでみたい」「何かにつけて反日感情と言われるが…」
Record China 8月2日(日)7時0分配信

「韓国の無職青年よ、日本で仕事を探せ」の記事に、韓国ネットは賛否両論=「日本に一度は住んでみたい」「何かにつけて反日感情と言われるが…」

2015年8月1日、韓国・SBSはこのほど、厳しい競争社会に生き就職難に見舞われている韓国の若者に、日本で安定した生活を送る韓国人男性の例を挙げ「日本で就職を考えてみては」と提案する記事を報じた。

高校時代は劣等生だったという韓国人男性は、卒業後、日本の専門学校でデザインを学んだ。その後、世界的に知られる日本のバイクメーカーに勤め10年、現在は会社で唯一の韓国人正社員として働いている。韓国の会社からのスカウトもあったが、男性は日本に残ることを決めた。家の経済状況や学校、出身地など、常に他人と比べられ、競争の激しい韓国で、子どもを育てる自信が持てなかったからだという。

日本には「ジャパン・ドリーム」はないが、先進国として成熟し、安定的な社会が成り立っている。そして、韓国とは異なり、単純な肉体労働への対価も十分な社会だ。また、右傾化が目立つ安倍政権が日本のすべてを表しているわけではない。こうした点から、記事は「韓国社会が先進的になるまでは、海外で仕事を探すことも必要」とし、「日本の長所を考えれば、日本を除外する理由はない」とした。

これについて、韓国のネットユーザーからは賛否両論のコメントが寄せられている。

「朴槿恵(パク・クネ)大統領は中東が最高だと言ってたけどね」
「日本は真の先進国。一度は住んでみたい国だ」
「日本をばかにしてはいけない。韓国より10倍以上良い国だ。中小企業は韓国の大企業よりも優れた技術を持っている」

「本当に日本に行くべきは、韓国の地方大学生だ。韓国ではいくら違うと言っても、結局足を引っ張るのは学歴だ」
「反日感情にまみれた記事よりも、はるかに現実的で良い記事だ。僕は日本に住んで10年以上になるけど、韓国よりはるかに価値ある社会であり国家だと思う」
「国内がどうしようもないから、外に出ろということか?就職難を解決する手立てもなく、自分の物を分け与えるわけにもいかないから、ということだろう?」

「何かにつけて反日感情と言われるけど、人と人との関係で考えれば、日本人は共感する点が一番似ていて、他の国に比べて適応しやすい」
「能力があれば海外に出て暮らすのもいいけど、国内市場が縮小している中、自国民を外に追い出していいのかな?」
「40代は駄目だよね」(翻訳・編集/和氣)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中