「ここまで来るともはや敵国」と日本人は猛反発、国連職員を「慰安婦ミュージカル」に招待した韓国

「ここまで来るともはや敵国」と日本人は猛反発、国連職員を「慰安婦ミュージカル」に招待した韓国
配信日時:2015年8月8日(土) 8時33分

2015年8月7日、韓国国連代表部の招待で国連職員が韓国の慰安婦をテーマとしたミュージカルを鑑賞したとの報道に日本のネットユーザーが猛反発している。韓国のネットユーザーが「よくやってくれた」などと称賛しているのに対し、「ここまで来るともう敵国」との声が上がるほどだ。

韓国・聯合ニュースによると、米ニューヨーク・ブロードウェーで公演中の韓国の慰安婦をテーマとしたミュージカル「コンフォート・ウーマン(Comfort Women)」を4日(現地時間)夜、韓国国連代表部の招待を受けた国連職員30人余りが鑑賞した。

国連関係者の一人は鑑賞後、「慰安婦問題を何となく知ってはいたが、幼い少女がどのようにして無理やり連れて行かれ、どんな生活をしていたか、ミュージカルを通して初めてはっきりと知り、ショックを受けた」と感想を語ったという。

これについて、韓国のネットユーザーは
「よくやってくれた。ありがとう」
「次の大統領選では、慰安婦問題から解決すると言う人を選ぼう。今までの政権は日本の顔色ばかり見て終わった」
「韓国は、慰安婦を扱ったちゃんとした映画が一つもない国」
「ミュージカルは目の前で演技するから映画のように編集もできない。それでもそんなに衝撃的な内容なのか。育ちの良い子に見せたら気絶しそう」
などとコメント。

中には
「国連でもこの程度しか慰安婦問題が知られていないということは、他の国ではどんなだろう?潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は今まで何やってたんだ?」」
との指摘もあった。

一方、日本のネットユーザーからは
「ここまで来ると敵国じゃね。 こんだけのことをしておいて、経済は一体でとか笑わせる」
「国連職員とは韓国系?韓国の一方的な捏造(ねつぞう)にだまされてることに気付かないのか?韓国人はこういった行動でますます日本人の嫌韓に拍車を掛けている」
「明確な証拠による事実認識ではなく、感情に訴えかける作戦ですか。卑怯(ひきょう)な手ですね」
「創作劇を見て信じる方もおかしい。ちゃんとした歴史的史実で判断、信じてほしい。そういう立場の人には」
「都合のいい歴史歪曲(わいきょく)。史実とは違うことを日本も国連に訴えていくべき」
「先の戦争での加害者意識とおわびの気持ちは日本人として当然ありますが、特に『韓国』に対しては『もううんざり、接したくない』気持ちでいっぱいです」
などの書き込みが相次いだ。(編集/KU)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中