韓国の植物なのに名前は「ジャパニーズ」、352種の改名進む=韓国ネット「ここまで来ると被害妄想も末期」「日本統治の名残をなくす前に…」

韓国の植物なのに名前は「ジャパニーズ」、352種の改名進む=韓国ネット「ここまで来ると被害妄想も末期」「日本統治の名残をなくす前に…」
配信日時:2015年10月13日(火) 12時50分

2015年10月12日、韓国・SBSテレビは、日本の植民地時代、韓国式の名前を日本式に変える「創氏改名」が、人名だけでなく植物に対しても行われたと伝えた。

報道によると、朝鮮半島に自生する植物のうち、「ニホンアカマツ」など日本式の名称が付けられたものは352種。鬱陵島や独島(日本名:竹島)だけに自生する植物の学名に「タケシマ」が含まれる例もある。

韓国山林庁国立樹木園は、日本からの解放70年に当たる今年、こうした日本式名称の改名作業を行ってきた。その結果、韓国の天然記念物にも指定されている松の木の英語名「ジャパニーズ・レッド・パイン(Japanese red pine)」が「コリアン・レッド・パイン(Korean red pine)」に変更されたほか、カエデや栗、ケヤキの英語名からも「ジャパニーズ」を削除した。同園は新たな英語名についての冊子を配布し、インターネット上などでの表記変更のためのキャンペーンを今後進める計画だ。

これについて、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「今でも変えようと努力しているのは良いことだ」
「日本統治の名残はいったいいつになったら消え去るんだろう?」
「韓国固有の物にまで『ジャパニーズ』とは、ちょっとひどいね」
「各分野に親日学者が多いから、いまだにこういうことが正されていないんだ」

「日本統治の名残は国会にいるらしいけど?」
「70年もの間、何もしなかったのか分からないけど、今からでも最大限のことをしよう」
「憲法や法律、学問も、基礎の部分は全部日本のものをベースにしてるから、日本の名残は永遠だ」
「竹田、山本のような、日本式の地名も変えてくれ」

「日本の名残をなくす前に、儒教思想をなくせ。日本の名残を消そうと大騒ぎする一方で、中国の名残はそのまま。韓国人の二面性がよく分かる」
「日本植民地時代を恥辱と言いながら、韓国はほとんど中国の属国」
「ここまで来ると、被害妄想の末期レベル。松なんて、韓国だけにある木でもないだろうし」(翻訳・編集/和氣)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中