韓国「国定教科書」めぐり大混乱!教師2万人の反発に、政府は刑事告発も視野=「国に反対したら捕まるのか?」「独裁時代に逆戻り」―韓国ネット

韓国「国定教科書」めぐり大混乱!教師2万人の反発に、政府は刑事告発も視野=「国に反対したら捕まるのか?」「独裁時代に逆戻り」―韓国ネット

2015年10月29日、韓国・マネートゥデイによると、全国教職員労働組合(全教組)をはじめとする教師2万人が集まり、韓国政府の中高歴史教科書国定化を批判する時局宣言を発表した。

全教組のビョン・ソンホ委員長は29日午前、ソウルファイナンスセンター前で行われた記者会見で、「朴槿恵(パク・クネ)政権は歴史学者、歴史教師、歴史を専攻する学生はもちろん、常識を持った大多数の市民の反対にもかかわらず、韓国史教科書国定化を頑として押し通している」とし、「国定化に反対する敵として、従北を駆り立てることに没頭する旧時代的策略に民主主義が蹂躙(じゅうりん)されている」と政府を糾弾した。

教師が実名だけでなく学校名まで公開して政府の政策に反対したのは、今回が初めてだ。韓国教育部は、これに対して刑事告発や懲戒など、強硬な対応を行う方針だ。韓国国家公務員法第66条により、公務員は労働運動その他公務以外のための集団行動が禁止されている。

しかし記事は、進歩教育監(市・道の教育学芸に関する事務の執行機関)がある市の教育庁などは国定教科書採択拒否の立場を一貫して守っていることに触れ、「教育部の要求は拒絶される可能性が大きく、教育当局間の摩擦も避けられない」などと伝えている。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「共産化と民主化の違いが分かりにくくなっている」
「全教組が再び勢力拡大を図りながら、国政の混乱をあおっているようだ」

「懲戒もどうせ口だけで、何もしないだろう」
「法に基づいて粛々と懲戒手続きを進めるべきだ」

「国の考えに反対したら捕まえるような国が民主主義国家なのか?」
「国が昔の独裁時代に逆戻りする」

「良い大統領は歴史を作るが、悪い大統領は歴史教科書を変更する」
「教育は、多様性の中に批判的精神とともに真実を発見する思考力を育てるものだろう。教育を画一的な価値観に染め、思考力を死滅させようとする教育部は教育の病巣的存在だ。教育は地方教育機関の自律性に委ね、中央機関が支配する形態を止めなければならない」

「歴史は歴史学者たちに任せるべきという考えには共感するが、歴史書を書く執筆陣の多数が親日派でも問題があるし、また多数が従北派でも問題がある。正しい大韓民国の歴史教科書を作るためなら、国定化でも大きな問題ではない」(翻訳・編集/三田)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中