韓国風おでん「オムク」は「わが国固有」と説く識者

韓国風おでん「オムク」は「わが国固有」と説く識者
韓国でも冬は「オデン」が人気だ。屋台のテントで女の子たちがよく湯気の立つ鍋から串を引き抜いてほおばっている。オデンは日本起源だが韓国では豆腐や野菜、卵などは使わず、もっぱらチクワのような魚の練り物だけを使っている。
魚の練り物は「オムク」という。そこで人びとはそれを日本語で「オデン」といっているので識者はケシカランと怒る。最近も「オムクは以前からわが国にあった固有のものでオデンとは違う!」という研究書が出版されたそうな。
しかし韓国のオムクもカマボコやハンペンなどが日本から流入した結果、一般化し商品化したものだ。生産が盛んな南部の釜山では市の“名物食品”として海外にも広めるというが、オデンのことを釜山では以前は「カントウ」といった。オデンを「関東炊き」という日本の関西地方の影響からだ。
オデンがしゃくに障るからといってオデンを「オムク」といわせようというのは困る。あの串刺しのしょうゆ煮はあくまで日本料理のオデンなのだから。
日本では近年、オデンの材料が多様化することで串刺しにしなくなったが、あれは串に刺してこそオデンだ。串も韓国では日本より2、3倍も長い。その意味ではオムクだけを串に刺した韓国オデンこそ本モノのオデンである。(黒田勝弘)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中