韓国サッカー界がかつて…

テイクオフ:韓国サッカー界がかつて…韓国サッカー界がかつてない危機に立たされた。8月31日に開催された来年のW杯ロシア大会のアジア最終予選で、韓国代表はホームながら引き分けに終わり、本大会出場を決められなかった。次節、アウェイのウズベキスタン戦に敗れると、最悪の場合、予選落ちもあり得る。
「かつてない危機」とは、W杯への切符を逃がすこともだが、「日本にサッカーで抜かれる」という危機だ。日本は既に、本大会出場を決めた。これまで、日本が出場して韓国が予選落ちしたケースはない。「サッカーは日本より実力が上」を自負する韓国にとって、予選落ちよりも「日本より下」の方が、はるかにダメージが大きい。
韓国は今予選でアウェイでは勝ちがない。プレッシャーを跳ねのけ、勝ち点3をもぎ取れるか。日本時間の6日午前0時、韓国サッカー界の未来を左右するホイッスルが鳴る。(岳)

https://www.nna.jp/news/show/1656759

広告

アリアナ・グランデも被害に…韓国で「海外アーティスト公演」トラブル頻発

アリアナ・グランデも被害に…韓国で「海外アーティスト公演」トラブル頻発
アリアナ・グランデが先頃、初の韓国公演を開催し、ソウル市のスカイドームに集まった2万人を前に100分間のライブを披露した。この公演後に、思わぬ批判にさらされる事態となった。 「公演のわずか3時間前に入国して、公演終了後はすぐにタイのバンコクへ出国したため、韓国の滞在時間はわずか7時間でした。この行動にインターネット上で韓国人ファンから《韓国公演への誠意がない》と批判が集まったのです。韓国の前の日本公演は2日前に日本へ入っており、アリアナの日本好きは有名だったことから、“ヤマモト・グランデ”と日本びいきを揶揄する声もあったようです」(芸能ライター) 

韓国公演で特に問題となったのは、65万ウォン(約6万5000円)でVIPチケットを購入した人たちへの対応だ。リハーサルとバックステージ観覧、ファンミーティングなどのイベントが予定されていたが、リハーサルははキャンセルになり、ファンミーティングも縮小され、購入者たちからチケット払い戻しが要求されたという。 

「後日、主催者が謝罪し、VIPチケット購入者に対して料金の一部を払い戻すこともも決まったようです。そもそもVIPチケットは韓国側が勝手に販売したため、混乱が生じたともいわれています」(同・ライター) 

安室奈美恵も過去にトラブル 
韓国公演で災難に遭ったといえば、思い起こされるのが安室奈美恵だ。 
「2014年5月にソウルで3日間のライブを開催し、計2万5000人動員した際、韓国側の代行会社が入場収入を持ち逃げしたのです。安室側は公演期間中の宿泊費や車両、セキュリティー費用など、予定の半分以上の額を受け取ることができなかったといいます。当時、訴訟を検討との報道がありましたが、続報はなかったため、結局は泣き寝入りしたのでしょう。それ以来、安室はアジア各国でライブを開催することはあっても、韓国ではやっていません」(同・ライター) 

韓国は海外アーティストにとって鬼門なのかもしれない。 

https://myjitsu.jp/archives/30216

平昌五輪テスト大会で選手たちが不満、問題続く平昌、日本との共催は?

平昌五輪テスト大会で選手たちが不満、問題続く平昌、日本との共催は?2016-02-08 15:29
2018年の平昌冬季五輪に向け、開催地である韓国で6日、テスト大会が始まった。テスト大会を実施するうえで充分な数の選手が参加したことで大会中止は避けられたものの、大会に参加した世界トップレベルの選手たちからは会場について続々と不満の声があがった。
中国メディアの捜狐はこのほど、ソチ冬季五輪の銀メダリストであるイタリアのクリストフ・インネルホファー選手が会場の雪面が柔らかすぎてスピードが出ないと不満を呈したことを伝え、「アルペンスキーは時速130-160キロで滑降するからこそアルペンスキーだ。時速96キロ程度しか出ないようでは観客も満足できないだろう」と述べたことを伝えた。
また、テスト会場で温かい天気が続いたり、雪ではなく雨が降ったりしたことについても、バンクーバー五輪で金メダルを獲得した米国のリンゼイ・ボン選手からも不満の声があがったと伝えた。
そのほか記事は、テスト大会に参加したほかの選手たちからも「雪面が柔らかすぎる」、「運営側は改善すべき点が数多く存在する」、「雪面がでこぼこしすぎていて、テスト大会を実施できたことは奇跡」いった数々の批判や不満の声があがったと紹介している。
平昌冬季五輪の開催に向け、韓国では準備が進められているが、会場設備の建設が遅れているとされるほか、工事関係者への代金不払いなどの問題が続出している。
韓国ネット上では「日本と共同開催を」とする声もあるとされるが、テスト大会では出場した選手からも問題点が指摘されることになってしまった。果たして日本との共催という形になってしまうのか、先行きへの不安は今なお消えていない。(編集担当:村山健二)

通貨スワップに平昌五輪…”韓国の接近”にどう向き合うべきか?

通貨スワップに平昌五輪…”韓国の接近”にどう向き合うべきか?

デイリーニュースオンライン 2016.02.06 08:00

日韓友好に必要なものとは?
「韓日戦は特殊。勝ったら韓服(伝統衣装)を着て記者会見に臨む」

「慰安婦のおばあさんのために勝ちたい」

「日本は韓国の優勝自販機(注1)」

先日、行われた「U-23アジア選手権」の決勝を目前に控え、上からサッカー五輪代表監督と五輪代表FWが出したコメントと、サッカー協会の公式スローガンである。もちろん日本ではなく、韓国の……。これまでスポーツと政治を混同する数々の不祥事を起こし、FIFA(国際サッカー連盟)から再三、注意を受けているにも関わらず、懲りない人々である。
肝心の試合が、後半だけで3点を入れて日本の大逆転勝利に終わったのは、周知の通り。上記のように試合前から不快感に包まれたが、とりあえず溜飲は下がった。が、もっと心配な事態が進行中なのだ。
まず「日韓通貨スワップ(交換)」再開の動き。外貨不足・通貨危機に陥った方の国が、日本円や米ドルなど信用の高い通貨を融通してもらう二国間協定だけに、韓国の経済危機(注2)救済の色合いが強い。韓国側の強い意向で昨年2月に終了したばかりなのに、
「日本が申し入れてくれば、反対しない」(ユ・イルホ企画財政相)
と上から目線で要求してきた。
そして、さらに深刻なのが2018年開催予定の平昌(ピョンチャン)冬季五輪を巡る騒動だ。以前より降雪量の少なさやインフラの未整備などから、「冬季五輪開催は無理では?」と指摘されていた場所だが……。
「1月末に平昌五輪のアルペンスキー会場で予定された国際大会が、不安を感じたか選手たちの申し込みが少なく、中止に。なんとかFIS(国際スキー連盟)から五輪会場としての承認は得たものの、今度はFISも同席した記者会見場に建設業者が乱入。“工事代金が未払いだ。食事代も貰ってない。金も払ってないのに何が世界の祭りだ!”と激怒したため、いったん会見が中断に追い込まれました」(スポーツ紙記者)
韓国内では、「平昌五輪は日本と共同開催しよう。代わりに2020年東京五輪も共催だ」という、おそろしく身勝手なことを言いだす向きが現われ始めた。
■友好のために必要なのは?
こうして並べてみても、ドリフのコントのようなドタバタぶり。馬鹿にするわけではないが、日本との国民性の違いは一目瞭然だ。その日本をあらゆる面で恨み、批判し、謝罪や賠償を要求しながら、いざとなると<スワップ>だ<共催>だと頼りにしてくる(注3)のも不可解。発想と行動の根幹に、<日本>が常にあるお国柄なのだろう。その点は日本が韓国に謝罪しようがヘイトしようが、未来永劫に変わらないと思える。
近くなるほど憎悪と依存を増大させる隣人と上手く付き合うには、距離を取るしかない。日韓関係は冷め、遠ざかった時に初めて冷静な関係性を模索できるはずなのだ。
幸い韓国の昨年の対日輸出額は前年比20.5%減の255億ドル。輸出総額の5%を切り、50年前の国交正常化以降、最低の割合となった。さらに昨年、韓国を訪れた日本人も前年比19.4%減の183万人で、ピーク時の半分に(注4)。日本は着実に<韓国離れ>を示している。
しかし反対に韓国から日本を訪れた韓国人は、前年比45.3%増の400万人と過去最多。このままでは通貨スワップが再開され、平昌五輪も共催に持ち込まれてしまう。逃げろ、逃げろ、日韓友好のために!
(注1)自販機…「自販」が韓国語でJAPANと発音が似てることからのギャグ。

(注2) 経済危機…中国依存が仇に。

(注3) 頼りにしてくる…「(日本が)助けて当然」という感覚があるようだ。 

(注4)ピーク時…2012年の351万人。

日本列島も朝鮮の領土

日本列島も朝鮮の領土 史上最凶ウリジナルの理屈
NEWS ポストセブン 2月6日(土)7時0分配信

 

 日本列島も朝鮮の領土 史上最凶ウリジナルの理屈

日本の相撲も韓国起源と主張(韓国シルム連盟HPより)

他国の文化を何でも「わが国発祥」にしてしまう韓国の“ウリジナル”(韓国語の「ウリ=我々」をもじった造語)。日本の歌舞伎や相撲、寿司、桜のソメイヨシノまで「韓国起源」と言って憚らない彼らが、ついに「日本列島は古代朝鮮の領土だった」と言い始めた。
今年1月7日、韓国ネットメディアの『共感ニュース』に「日本人は高句麗語で数を数える」という見出しの記事が掲載された。記事は、戦前の日本人学者による研究を引き合いに、日本の数詞「3(みっつ)、5(いつつ)、7(ななつ)、10(とお)」が、古代高句麗語の「3(ミル)、5(ウジャ)、7(ナヌン)、10(トォク)」と同語源だとした。
また、「5000を超える韓国語と日本語の語彙は語源が同じ」「平安時代の日本人1059姓のうち、324姓が韓半島からの渡来人のものだった」とする日韓の比較言語学者チームの研究を紹介し、「渡来人の言語が日本語の母体となり、日本の古代文化を作った」と結論付けた。
この学者チームは、韓国の大学で教鞭をとる日本人教授をリーダーとし、過去にも複数の媒体で同様の説を唱えてきた。たとえば、日本語の「車」は韓国語の「クルダ(転がる)」と「マル(馬)」の合成語、また「並ぶ」は「ナラニハダ(並ぶ)」から転じた言葉だという。
確かに、日本は言語的・文化的に朝鮮半島の影響を受けていることは間違いない。しかし、そこから突然論理が飛躍する。「言語が同じだから、もともと日本は朝鮮の領土だった」というのだ。
2007年、この日本人教授が韓国誌『週刊京郷』に寄稿。「日本列島は古代高句麗領土」という見出しで教授の説が掲載され、韓国人ネチズン(ネットユーザー)のナショナリズムに火をつけた。以下は、韓国の掲示板サイトなどに掲載されたネチズンの声だ。
「日本はもともと韓人が渡って作った国」

「百済人が海を渡り、猿どもを捕まえて作った国が日本」

「韓国人が(日本人に)贈ったプレゼントは日本語だった」

「ということは、俺たちが先祖だと知りながら天皇は戦争を起こしたのか?」
無論、日本人教授の主張はただの仮説に過ぎないが、韓国メディアは現在も「古代日本は朝鮮の領土説」を裏付ける根拠として“利用”し続けている。本誌はこの日本人教授に取材を申し込んだが、締切日までに回答は得られなかった。
※SAPIO2016年3月号
【関連記事】

日本語は英語の原型を話す集団が日本にたどりついてできた

韓国人学生 日本人学生を「ありがたいくらい馬鹿」と評す

日本と中国・韓国・ロシア 領土問題の真実をひもといた本

一部の韓国人 イギリス人もキリストも韓国が起源と主張する

中国が「北朝鮮は自国領」と伏線張っていると櫻井よしこ氏

最終更新:2月6日(土)7時0分NEWS ポストセブン

 

韓国抜き”のTPP署名に韓国が戦々恐々、輸出もGDPもマイナス…

韓国抜き”のTPP署名に韓国が戦々恐々、輸出もGDPもマイナス…:レコードチャイナ 

2016年2月4日、環太平洋連携協定(TPP)の参加12カ国が協定に署名したことを受け、韓国では協定発効による韓国経済への悪影響を懸念する声が高まっている。 

韓国・中央日報などが伝えた。 
韓国貿易協会・国際貿易研究院によると、30年までに現在の課税品目の99%で関税が撤廃されることで、 

TPP参加各国の国内総生産(GDP)は0.5〜8.1%、輸出は4.7〜30.1%それぞれ増加すると予想される。 

このうち日本だけでみると、GDPは2.5%、輸出は23%のいずれもプラス効果だ。 
しかしTPP不参加の韓国にとっては、TPP発効により米韓自由貿易協定(FTA)で得られていた恩恵が減る上、韓国産製品が関税の撤廃された参加国の製品に取って代わられるなど、 

あらゆる面でマイナスが予想される。 

同研究院は、30年までに韓国の輸出は1%、GDPは0.3%、それぞれ減少すると試算した。 
これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。 
「経済とは関係ないと言われるかもしれないけど、次世代に配慮せず、目先のことしか考えない韓国人には、経済発展は無理だ」 

「自分の欲を満たしたいだけの政治家には本当にがっかり。もっと国益を優先して」 

「韓国の政治家の目に、国は見えていない」 
「政界に、先を見通す眼力のある人がいないことが一番の問題だと思う」 

「中国側に立とうと思ってTPPに参加しなかったのに、結局は損ばかり。やっぱり中国人を信じてはいけないということだ」 

「中国が成長し、日本は沈むと言ってた人たちはどこに?」 
「政府が大企業を過剰に保護するから競争力がなくなってしまった。この先、もっと悪くなるはず」 

「日本が成長するのは、TPPの効果より円安のおかげでは?」 

「14年後を予測するなんて、よくある広告みたいなもの。ただの仮説にすぎない」 

「こうなるとやっぱり、外交も落第だね」(翻訳・編集/吉金)

「これ以上の合意無理」=慰安婦問題で理解求める―韓国大統領府

「これ以上の合意無理」=慰安婦問題で理解求める―韓国大統領府時事通信 2015年12月31日(木)15時14分配信

 

【ソウル時事】韓国大統領府は31日、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関して国民向けメッセージを発表し、「合意を受け入れず、白紙に戻せと言うなら、政府には元慰安婦の存命中にこれ以上何もする余地がないということを分かってほしい」と理解を求めた。

28日の合意直後に朴槿恵大統領が国民向けメッセージを発表したものの、元慰安婦や支援団体を中心に合意への反発が強いことから重ねて訴えた。

メッセージは金声宇大統領府広報首席秘書官が読み上げた。金氏は、歴代政権は慰安婦問題を放置してきたが、現政権は「銃声のない戦場のような外交の現場で、国益を守るため、崖っぷちに立った心情で(交渉に)臨んだ」と強調。「日本政府の責任認定、公式の反省、謝罪を得るために努力を尽くし、可能な範囲で十分に進展したと判断し、合意した」と説明した。

その上で、野党や元慰安婦の支援団体を念頭に「これまで民間の努力では全く進まなかったのに、まるで政府が誤った交渉をしたかのような世論を醸成することは、決して被害者にプラスにならない」と批判。「今やるべきことは、日本政府が歴史を直視して着実に合意を履行し、両国が一緒に未来に進むきっかけにすることだ。大局的に理解し、力を結集してほしい」と前向きに受け止めるよう呼び掛けた。