「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さんの発言に犯罪被害者ら反発「気持ち踏みにじる言葉だ」 日弁連シンポで死刑制度批判

「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さんの発言に犯罪被害者ら反発「気持ち踏みにじる言葉だ」 日弁連シンポで死刑制度批判

 日本弁護士連合会(日弁連)が6日、福井市内で開催した死刑制度に関するシンポジウムに、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)がビデオメッセージを寄せ、死刑制度を批判したうえで「殺したがるばかどもと戦ってください」と発言した。会場には全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーや支援する弁護士らもおり、「被害者の気持ちを踏みにじる言葉だ」と反発した。

 日弁連は7日に同市内で開く人権擁護大会で「平成32年までに死刑制度の廃止を目指す」とする宣言案を提出する。この日のシンポジウムでは、国内外の研究者らが死刑の存廃をめぐる国際的潮流について報告。瀬戸内さんのビデオメッセージはプログラムの冒頭と終盤の2回にわたって流された。

 この中で瀬戸内さんは「人間が人間の罪を決めることは難しい。日本が(死刑制度を)まだ続けていることは恥ずかしい」と指摘。「人間が人間を殺すことは一番野蛮なこと。みなさん頑張って『殺さない』ってことを大きな声で唱えてください。そして、殺したがるばかどもと戦ってください」と述べた。

 瀬戸内さんの発言について、あすの会顧問の岡村勲弁護士は「被害者はみんな加害者に命をもって償ってもらいたいと思っている。そのどこが悪いのか。ばか呼ばわりされるいわれはない」と話した。

ーーー
もともとヤクザの女。
屑はどこまで行っても屑だな。
更正なんて人間はできないことを証明している生き証人。

広告

コピノは韓国人に二度捨てられる・・拡大する養育費訴訟ビジネスとは?

コピノは韓国人に二度捨てられる・・拡大する養育費訴訟ビジネスとは?韓国ネット「本当にこんなひどいことを?」「他国の悪口を言える立場ではない」
2015年07月09日

韓国メディア・PDジャーナルは8日、韓国人男性とフィリピン人女性の間に生まれた「コピノ」と呼ばれる子供たちが、韓国人に「二度捨てられる」と報じた。

記事によると、フィリピンのコピノは3万人にのぼると推定されており、その大半は父親の韓国人に捨てられて劣悪な環境で育つ。

最近では、このコピノを金もうけの手段として利用する「コピノビジネス」が広まっているのだという。彼らは、韓国人男性に捨てられて一人で子育てをしているフィリピン女性に接近し「子供の父親から養育費を取る」と言って署名させる。ところが、その成功報酬は50%という法外なもの。切迫したフィリピン女性が裁判で養育費を勝ち取っても、韓国人弁護士が半分を持っていく。

フィリピンでは今、コピノ支援団体が「雨後の筍のごとく」設立されているが、多くの団体は韓国の法律事務所とフィリピン女性を結び付ける「ブローカー」というのが実態だ。

記事は「金で女性を買い、簡単に捨てる韓国男性。そして捨てられた子供と女性を金もうけの手段としてしか見ない別の韓国人。彼らにとってコピノは『1人、2人』と数えるものではなく、『1000万、2000万ウォン』と勘定するものだ。こうした恐ろしい行為は、いつ終わるのだろうか」と現状を批判している。

精神科医の香山リカさん「相手への想像力劣る」

精神科医の香山リカさん「相手への想像力劣る」
2015/2/17 12:25

精神科医の香山リカさんの話 携帯端末は常に身に付けているため、嫌なことがあったり怒りを覚えたりしたときに、一呼吸置かずに書き込んでしまう怖さがある。実生活が思うようにいかず、インターネットの投稿で憂さ晴らしをしている人が、特に若い世代で多いのではないか。

ただ実際には社会的な地位がある人も悪意ある書き込みをすることがあり、不可解だ。ネットは双方向のコミュニケーションができる場なのに一方的に投稿し、後は逃げたり知らないふりをしたりするという人が多い。書かれた相手がどういう思いをするのかを想像する力が全体的に劣ってきていると感じる。〔共同〕

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

ご自身の言動はこちら

中野容疑者の祖母語る「何でこうなってしまったのか…」 知人男性が電話で「自分が出頭させた」

中野容疑者の祖母語る「何でこうなってしまったのか…」 知人男性が電話で「自分が出頭させた」

 「何でこうなってしまったのか分からない…」。野口愛永さんに対する監禁容疑で逮捕された中野翔太容疑者の祖母(71)は24日、千葉県成田市の自宅で取材に応じ、困惑した表情を浮かべた。

 祖母によると、中野容疑者は姉、弟とともに祖母宅で育ち、中学卒業後は2年間ほど働きに出たが、その後は祖母宅から現金を勝手に持ち出すなど、素行が悪くなっていったという。

 昨年夏に千葉市へ転居。今年3月ごろには複数の銀行から通帳とカードが祖母宅に送られてきた。不安に思った祖母が「口座を売っているのか」と尋ねたが、中野容疑者は「関係ない」と返すだけだったという。

 24日午前、千葉県警から「翔太さんを預かっています」と電話があり、夕方には中野容疑者の知人男性から「自分が出頭させた。翔太は『金の貸し借りで問題があった。穴を掘って(野口さんを)埋めた』と全部話した」と伝えられたという。

 「被害者の方には、本当に申し訳ない」。祖母はそう話すと、肩を落とした。

生きたまま埋められたか 千葉・18歳少女殺害

生きたまま埋められたか 千葉・18歳少女殺害
テレビ朝日系(ANN) 4月26日(日)11時53分配信
千葉県で18歳の少女が殺害されて遺体で見つかった事件で、遺体には死因につながる大きな傷がないことが分かりました。警察は少女が生き埋めにされた可能性が高いとみています。

(社会部・前山裕一記者報告)
遺体発見から2日が経ち、犯行の状況が徐々に分かってきました。井出裕輝容疑者(20)ら4人は、野口愛永さんを車に監禁した疑いが持たれています。野口さんは、手足を結束バンドで縛られ、口に粘着テープ、顔に袋をかぶされて遺体で見つかりました。その後の捜査関係者への取材で、野口さんの遺体には細かな傷はあるものの、死因につながる大きな傷がないことが新たに分かりました。また、4人のうち1人は「野口さんを殴るなどし、黙らせた後で縛った」と話していて、警察は、野口さんが生き埋めにされた可能性が高く、4人が関与したとみて詳しく調べています。
最終更新:4月26日(日)14時37分テレ朝 news

逮捕の臨時教諭、別の高校生にも淫行の疑いで追送検

逮捕の臨時教諭、別の高校生にも淫行の疑いで追送検

 女子中学生にみだらな行為をしたとして逮捕された川崎市の市立小学校の臨時教諭の男が、別の女子高校生に対してもみだらな行為をしたとして追送検されました。

 追送検されたのは、川崎市の市立小学校臨時教諭・阿久澤恒生容疑者(23)です。

 警察によりますと、阿久澤容疑者は、去年11月ツイッターで知り合った神奈川県大和市に住む高校1年の女子生徒(16)を、レンタカーで平塚市内の公園に連れて行き、みだらな行為をした疑いがもたれています。取り調べに対して阿久澤容疑者は、「自分の好みでかわいい子だった」などと容疑を認めているということです。

 阿久澤容疑者は、臨時教諭として採用される前にも2度にわたり児童買春の罪で起訴され罰金刑を受けていたほか、今月8日にも、同様にツイッターで知り合った別の女子中学生に対してみだらな行為をしたとして逮捕されていました。(28日12:36)

ボウリング場店員に土下座強要 27歳男と16、17歳少女逮捕

ボウリング場店員に土下座強要 27歳男と16、17歳少女逮捕

 滋賀県警近江八幡署は19日、昨年12月に近江八幡市のボウリング場で女性店員に土下座させたとして、強要の疑いで、同市の舗装工の男(寺方和哉:27)と、同市の無職の少女(16)、同県東近江市の高校生の少女(17)の3人を逮捕した。

 土下座している店員の写真を少女の1人が短文投稿サイトのツイッターに投稿しており、近江八幡署が調べていた。

 同署によると、昨年12月6日未明、ボウリング場の店員が3人に年齢確認をしようとした際、「以前は年齢確認はなかった」などと怒鳴られ、土下座して謝罪させられたという。

 男は土下座について「相手が勝手にやった」と容疑を否認している。

阿由葉多恵:野洲高校退学(ゆえに無職)